改修工事・リフォーム工事・改築用語集

建築用語集(A-Z)

HA (ほーむおーとめーしょん)

住宅内にさまざまなエレクトロニクス機器を取り入れ、ホームセキュリティー、照明、エアコンなどの各種電気製品の管理を集中コントロールパネルで行うことができるだけでなく、電話回線で外部から電気製品を管理することができるシステム つづきを読む

L値(えるち)

L値とは、床衝撃音に対する遮音性能を表す単位。   上階の床で生じる音が下階でどの程度に聞こえるか、その指標となる遮音等級のことをいう。 音には空気の振動で伝わる空気音と固体を振動させ伝わる固体音があり、遮音等 つづきを読む

MDF (Medium Density Fiberboard)

木材を繊維状にほぐし、接着剤などを配合してボードに成型した「繊維板」の一種です。 合板と比較してのメリットは ①価格が安く安定している(合板のように相場で価格が変動しない) ②表面が硬く、平滑で加工面がきれいに仕上がりま つづきを読む

ファサード  (facade)

ファサード (façade) とは、建築物を正面から見た外観のことであったり、その正面部分(デザイン)のことを言います。   特に店舗では、道路側から見たときの建物の外観のことを指すので、その建物のもっとも見せ つづきを読む

プラスターボード (PB)

焼石こうを主原料とした心材の両面をボード用原紙で覆って板状にしたもの。 防火性、遮音性、断熱性、施工性などに優れており、また安価であるため、壁・天井下地材など室内の仕上の下地材として広く使用されています。   つづきを読む

LGS (Light Gauge Steel)

LGSとは、厚さ1.6mm~4.0mm程度の軽量形鋼。 LGSの形状には溝形、山形、Z形などがあり、鉄骨造や鉄筋コンクリート造などの建物で、壁・天井の下地材として用いられます。 軽天(けいてん)又はLGS、軽鉄とも言う不 つづきを読む

LOW-E 複層ガラス (ローイー・ふくそう_)

複層ガラスのうち、熱エネルギーの吸収・再放射率を低くするために、 ガラスの表面に特殊金属膜をコーティングした低放射(Low-E)ガラスを使った複層ガラスを、Low-E複層ガラスと呼びます。   Low-Eとは、 つづきを読む

FIX窓 (フィックスまど)

開閉できないはめ殺しの窓のこと。   採光や眺望に適しています。  

OAフロア

= 『フリーアクセスフロア』

F☆☆☆☆ (エフフォースター)

F☆☆☆☆(エフフォースター)とはホルムアルデヒドを発散する建材の発散量の等級です。 建築基準法により、内装仕上げに使用される建材で、ホルムアルデヒドを発散する可能性のあるものは、その発散レベルに応じて、使用面積が制限さ つづきを読む

ワークトップ (worktop)

キッチンなどにある調理などを行なうカウンター、作業台のこと。 強度や耐水性、耐熱性、手入れのしやすさなどから、その材質はステンレス、メラミン樹脂化粧板、人造大理石、大理石や御影石などを用いることが多いです。   つづきを読む

エアカーテン (air curtain)

建物の出入り口などで、一定の奥行きで空気流を作り、出入口内外の空気流をカーテンのように遮断する装置のこと。 百貨店や工場などでは、人の出入りが激しいためドアをつけても開放状態になるので、厚い空気の層によって外気の侵入を防 つづきを読む


1 / 212