2015年06月09日

タスペーサー


スレート屋根の再塗装工事により、上下左右の重なり部分が塗料で塞がれてしまいます。塞がれてしまうことにより、屋根材裏側に毛細管現象で吸い上げられた雨水が排出されないことで、下地材が腐食し、最悪の場合雨漏りの危険性があります。

 

そのため、縁切りするために使われる写真のような機材です。
コロニアル屋根・カラーベスト屋根に、タスペーサーを使って縁切りすることをタスペーサー工法といいます。
タスペーサーを屋根と屋根の間に挿入して、隙間を確保することにより、塗料の厚みで隙間が埋まってしまうのを防ぎます。

 

リフォーム改修用語 タスペーサー


 <<
 >>