2015年03月27日

下見板張 (したみいたばり)


建物の外壁を仕上げる時に、長い板材を横に用いて、板の下端がその下の板の上端に少し重なるように張ること。

 

土塗壁を保護するためにその上に張られることが多い。張り方の形式は様々な工法があり縦張り、横張などもあります。一般的に横張りは下見板、縦張り羽目板と呼びますが施工用語は様々地方によって異なります。

材質は桧、栂、杉板、ヒバ、サワラ材などが用いられています。

リフォーム改修用語 下見板張り


 <<
 >>