2015年11月17日

パース図 (_ず)


パースとはパースペクティブ(perspective)の略です。パースペクティブとは、遠近法を利用して描かれた図の事を言います。 この書かれた図の事を、一般にパース図と言います。

簡単にいえば、建物の外観や室内を遠近法を利用して立体的な絵にしたものをパース図といいます。

パース図としては、透視図(とうしず)、完成予定図、デザイン画、インテリア配置の完成予定図などがあります。 建物の外観を描いたものを「外観パース」、室内を描いたものを「内観パース」といいます。 図面をもとに描き起こしているので、工事図面では分かりづらい全体像をイメージするうえで役立ちます。

 

リフォーム改修用語 パース図


 <<
 >>