2015年08月25日

分筆 (ぶんぴつ)


土地の登記簿上、一つの土地(一筆(いっぴつ))の土地を分割して数筆の複数の土地にすること。広い土地であっても、ひとつの土地(一筆)に2軒の家は建てることが出来ないので、分筆してから新しい番地を登記する必要があります。
※1個の土地を指す単位を筆(ふで)といい、1筆(いっぴつ)、2筆(にひつ)などと数えます。


 <<
 >>