2015年07月23日

目止め (めどめ)


建築現場では、様々な場面での細かな穴や隙間を埋めて表面を平滑にする事を言います。

 

特に塗装工事においては、塗るもの(被塗物)の表面が粗い場合や、木材やALC板のように細かい穴がある場合に、目止め剤で埋めて平滑にすることを指します。

 

また、新しい土鍋で煮汁や臭いがしみ込むのを防ぐために、米や小麦粉を入れた汁を煮て、表面の細かい穴をふさぐことも目止めといいます。


 <<
 >>