2016年02月09日

採光 (さいこう)


採光とは、室外の自然光を、窓などの開口部を通して

室内に採り入れること

 

換気と並んで、室内の衛生環境維持に欠かせない要件であり、窓が設けられる目的のひとつは採光です。

 

建築基準法では、『住宅の居室には、その床面積の1/7以上の面積の採光に有効な開口部が必要』と規定されています。この基準を満たしていない場合は居室と認められず、納戸となります。

採光が必要な住宅の居室とは、家の中で常時生活する部屋のことで、トイレや浴室、洗面所、納戸などの収納室、専用のキッチンなどは除外されます。


 <<
 >>