2017年07月21日

L値(えるち)


L値とは、床衝撃音に対する遮音性能を表す単位

 

上階の床で生じる音が下階でどの程度に聞こえるか、その指標となる遮音等級のことをいう。

音には空気の振動で伝わる空気音と固体を振動させ伝わる固体音があり、遮音等級では固体音はL値で表されている。

 

*ちなみに固体音の一つである床衝撃音には、重量床衝撃音(LH)と軽量床衝撃音(LL)に分かれる。

 

・重量床衝撃音(LH)・・・子供の飛び跳ねたり、走り回ったりする事により下階室で発生する床衝撃音のこと。

 

・軽量床衝撃音(LL)・・・食器やおもちゃなど比較的硬質で軽量な物が床に落下した時や椅子をひきずる時などに下階室で発生する床衝音のこと。 目安として、LL-50で小さく聞こえる。LL-45で小さく聞こえるが意識することはない。数字が大きくなるほどよく聞こえる。


 <<
 >>