2017年06月22日

ヘアークラック


建物の外壁や内壁・基礎などに発生した亀裂やクラックのうち、髪の毛ほど(0.3mm以下、深さ4mm以下)のひびのことを言う。
コンクリートなどが乾燥して収縮したり、逆に膨張したりしたときに表面に生じるので構造には影響しないひび割れのため、補修の必要はない。
ヘアークラックが大きくなった場合、雨水などが浸入して下地にダメージを与えたり、コンクリートなどが剥離してしまう可能性が出てくる。


 <<
 >>