2016年01月12日

カバー工法 (_こうほう)


既存の枠の上から新しい枠を取付ける工法のこと。

屋根や窓枠、扉など様々な用途で使用されます。

 

窓の場合は、古いサッシを取り除き、枠を残したまま新しいサッシを取付けるため、壁や床の工事をしなくても取替が可能となります。

 

また、屋根の場合は既存の屋根材の上に新しい屋根材をカバーして行なう屋根の修理方法です。

最もよく行われている「スレート」→「ガルバリウム」のカバー工法です。

「重ね葺き」とも呼ばれます。


 <<
 >>