2017年05月16日

面木 (めんぎ)


コンクリートを打設するときに、コンクリートの欠損を減らし、見た目を良くするために型枠の入り隅に入れる三角形の部材のこと。

かつては木材から切り出していたので、面の木で面木と呼ばれている。現在では発砲プラスチック製で、さまざまなサイズが市販されている。


 <<
 >>