2017年05月29日

びしゃん/ビシャン (びしゃん/びしゃん)


石材やコンクリートの表面加工に使う鉄槌の一つ。これを用いて石材を叩き、平滑に仕上げるのが「びしゃん叩き」という。
同じ面積で叩く回数が少ないと表面は荒削り風になり、多く叩くと滑らかな風合いになる。
形はほぼ正方形で槌の面には四角いスパイク状の突起が格子状に並んでおり一列に並んだ突起の数により「5枚びしやん」(5×5の25目)、「10枚びしやん」(10×10の100目)と呼ばれる。
加工には2通りあり、両刃タタキで繊細に仕上げる方法「手仕上げ用本ビシャン」と、軽快に平らに仕上げていく方法「機械用ビシャン」がある。


 <<
 >>