2015年12月18日

エアーサイクルシステム


エアーサイクルシステムとは、

空気の循環を利用した省エネルギー住宅のこと。

 

外壁と内側の断熱ボードの間に、小屋裏と床下を繋ぐ空気の通り道を設け、温度調節をするように設計されています。

空気の通り道の両端となる床下と小屋裏には換気口が設けられており、エアサイクルの家は

高い断熱性能を持ちながら、躯体内の空気が行き来できる仕組みになっています。

 

具体的には、夏場、熱くなった空気は建物上部(小屋裏)の換気口から外部に逃がし、同時に床下の換気口から涼しい空気を壁の中に吸い上げます。こうした空気の流れをつくることで、屋根裏や壁の内部の熱がこもらないようにしているのです。逆に冬場はこの換気口を閉じ、外の冷たい空気の浸入を防ぎます。


 <<
 >>