2015年08月11日

マンション大規模リフォーム工事 エピソード5


お待たせしました。

マンション大規模リフォーム工事シリーズ、今回はエピソード5です。

コレまでご紹介した工事はエピソード4まで。

エピソード1(足場仮設工事)

エピソード2(下地補修工事)

エピソード3(シーリング工事)

エピソード4(塗装工事)とご紹介しまして、

 

エピソード5では、防水工事のご紹介です。

 

防水とは、形状により大きく分けて、面状のメンブレン防水と線状のシーリング防水とに分けられますが、シーリング工事はエピソード3でご紹介済みですのでメンブレン防水を防水工事としてご紹介します。メンブレン(membrane)とは「膜」「薄い皮膚」という意味で、メンブレン防水とは、薄い防水層で屋根や屋上などの広い面積を全面的に覆う防水工法のことです。

そのメンブレン防水にも施工形態によって、塗膜防水工法・シート防水工法・複合防水工法に分けられます。

その中でも、今回の大規模リフォーム工事では、塗膜防水工法のなかの

ウレタン塗膜防水をご紹介します。

 

廊下側溝 ウレタン塗膜防水工事

今回の工事では、メーカー曰く『耐候性、耐久性に優れたウレタンゴムの特性を活かした高機能な建築防水システムとして、住環境の改善、建物の長寿命化に貢献しています。』という材料を使用し、側溝の防水工事を行いました。

 

現状はこんなです。

▼ウレタン塗膜防水工事前 現状▼

マンション大規模リフォーム 防水現状

 

次に仕上がりや長持ちに影響を与える大事な工程、ケレン・清掃工程です。

上の現状写真と見比べて、汚れやチリがキレイになっているのがわかりますか?写真ではわかりづらいかもしれませんが、キレイになっていますd(^-^) デショ?

 

▼ウレタン塗膜防水工事 ケレン・清掃▼

マンション大規模リフォーム 防水ケレン清掃

 

お次は、プライマー塗布です。

プライマーは防水膜の素地への密着性を高めるために塗ります。

 

▼ウレタン塗膜防水工事 プライマー塗布▼

マンション大規模リフォーム 防水プライマー塗布

 

 

そして、2層に分けて防水材を塗っていきます。

 

マンション大規模リフォーム 防水ウレタン塗布1層目

 ▲ウレタン塗膜防水工事 ウレタン塗布1層目▲

▼ウレタン塗膜防水工事 ウレタン塗布2層目▼

マンション大規模リフォーム 防水ウレタン塗布2層目

 

最後に保護仕上げ材トップコートを塗って仕上げです。

 

▼ウレタン塗膜防水工事 トップコート塗布▼

マンション大規模リフォーム 防水トップコート塗布

 

 ▼ウレタン塗膜防水工事 施工完了▼

マンション大規模リフォーム 防水完了

 

廊下側溝のウレタン塗膜防水工事、キレイに完了です。

えっ?溝からはみ出した防水層がガタガタしてるやないかって?

(* ̄ー ̄)”b” チッチッチッ ご安心ください。

廊下には長尺シートを貼りますので、キレイに隠れることになっています。

 

 

 補強用クロスを貼ることもあります。

場所によってなど、防水の強度を増したい時は補強用クロスを使用します。

プライマー塗布の後、つまりウレタン塗布の前に補強クロス貼りを行います。

 

 

▼ウレタン塗膜防水工事 庇面 補強クロス貼り▼

マンション大規模リフォーム 防水補強用クロス貼り

 

 防水工事は、施工する場所や雨や水のかかり具合など、その部位部位において適切な施工方法が異なります。

安いから、時間がかからないから、と言って安易な防水工事をしないようにお願いします。

あまり、言いたくはないのですが、いろんな業者がいますので、トラブルも多いようです。

大切な建物のことですから信頼のおける業者探しに手間を惜しまないでください。そして是非とも、信頼できるプロの目で、見て、検査して、判断して、施工してもらう事をお奨めします。というか、お願いします。

 

そしてその業者に、大阪市城東区で頑張っておりますシュウケン工業を選んで頂ければ嬉しいなぁ・・・・・と

テヘヘッ(*゚ー゚)>

いや、マジです。


 <<
 >>